内向型人間ともこが美容健康スキンケアのこと・日々のつぶやきをお届けするブログです

ミネラルファンデーションの成分・酸化チタンコーティングしないと肌にダメージ?

 

ともこです・・・!

※ミネラルファンデーションについて ちょっと 調べてみたことのメモです。

 

ミネラルファンデーションとは・・・主成分が 天然の鉱物(マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄等)で 肌に刺激が少ない。油分を含まない為、クレンジングが不要。 (油分や 化学成分を 含むファンデーションは クレンジングで落としますが クレンジングの際の摩擦は 肌の負担になってしまう為、クレンジング不要な分 肌の負担が少ない。

※洗顔は 余分な皮脂、ほこりや汗 を落とす
※クレンジングは メイクに含まれる油分 を落とす 洗浄力が強く 肌に負担がかかりやすい

 

そして
ミネラルファンデーションは 大まかにわけて 3種類 あるようです。

①ナノ化している、酸化チタンをコーティングしている 
②ナノ化していない、酸化チタンをコーティングしている
③ナノ化していない、コーティグもしていない

※ナノ化(微粒子化)すると・・・ 肌の奥に浸透する ・・・落ちにくい

・メリット 保湿成分( コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド等) は 浸透して高い効果を発揮する、ファンデーション等は落ちにくい
・デメリット 石油系成分の入ったファンーションは 良く落とさないと肌に蓄積されてしまう

 

それぞれの詳細は・・・

①ナノ化しているので落ちにくい、酸化チタンは 光に当たると 活性酸素を発生して 肌にダメージを与えるので コーティングすることで 防ぐのだそうです。コーティングするもの によっては 石鹸では 落ちにくくなる場合も あるようです。

②ナノ化していないので、ナノ化しているものより落ちやすい、酸化チタンの活性酸素の不安はないがものによっては 落ちにくいかもしれない。

③ナノ化していないので、ナノ化しているものより落ちやすい、この場合、酸化チタンが気になります

 

が ナノ化している粒子は 表面積が多い分 活性度も高いのに対して ナノ化していない粒子は 表面積が小さく 活性酸素の量も少ないので問題ない という見方も あるようです。

 

酸化チタンを コーティングしないことについては 賛否両論あるようで 曖昧です・・・。

 

例えば いくつかの メーカーの場合では どうなのか ページを確認してみました。

エトヴォス ・・・ナノ化していない、酸化チタンをコーティングしている
24hコスメ ・・・製品によってナノ化しているものと していないもの、酸化チタンをコーティングしているもの としていないものがある

オンリーミネラル・・・ナノ化については不明、酸化チタンについては・・・

Q&Aより引用しますと・・・
” Q. オンリーミネラルの酸化チタンは安全ですか?

はい。オンリーミネラルの 酸化チタンの分子内には 活性酸素は含まれておらず、また 分子構造も とても安定していますので必ずしも コーティングなどの加工などを 行っていません。肌にやさしい 厳選ミネラルを お届けできるよう、品質と製法に 特にこだわっています。”

ビューティフルスキン・・・ナノ化していない、酸化チタンをコーティングしていない
理由について Q&Aページより引用しますと

” Q. ファンデーションの「酸化チタン」はコーティングされていますか?
「表皮の外側で発生する微量の活性酸素が人体に与える影響」と「コーティングの原料が肌に与える悪影響」の双方を医学的なデータから照らし合わせて、コーティングしない方法を選択しています。”

レイチェルワン・・・確認中

 

・・・コーティングしているから、していないから・・・ では 一概に言えないようです・・・

 

以上  ミネラルファンデーションの成分等について でした。

 

スポンサーリンク

 













関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

おすすめリンク