内向型人間ともこが美容健康スキンケアのこと・日々のつぶやきをお届けするブログです

curelリップクリーム(色つき)の成分、使い心地、感想

 

 

ともこです。

 

ヴァセリンリップ や 紫外線対策で ニベアのリップクリームを 使うようになってから しばらくの間 curelのリップクリーム(色つき) を使うタイミングがなかったのですが・・・ 久々に使ってみて 改めて 良いリップクリームだと実感・・・ 価格も 特別 高いわけでもなく、気に入っています・・・!

 

こちらの製品↓

 

curel-irotuki

 

塗った時に 刺激はなく、タール色素もなく、無香料 なので 香りも 気になることもないです。 ほんのり 色がつきます。ただ、色が 本当にかすかに・・・なので 場合によっては 少し もの足りない という感じもあります・・・ 見た感じも かすかな薄ピンクですね・・・

しかし 唇が 自然で きれいな色になります。あまり 口紅を強調したくない時には これで十分な感じです。もう少し色が欲しい時は この上から 何か追加すればいいのかな・・・?

 

成分等表示(Kao japan のホームページより引用)↓

” ミネラルオイル、ワセリン、セレシン、水添ポリイソブテン、マイクロクリスタリンワックス、オクチルドデカノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、酸化チタン、マイカ、ビスメトキシプロピルアミドイソドコサン、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、グリチルレチン酸ステアリル、ホホバ種子油、カミツレ花エキス、スクワラン、シリカ、酸化鉄、BHT ”

”無香料・アルコールフリー(エチルアルコール無添加)・アレルギーテスト済み乾燥性敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みすべての方にアレルギーや皮膚刺激が起こらないというわけではありません。”との説明がありました。

 

以上 curelのリップクリームについて でした。

スポンサーリンク

 











関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

おすすめリンク