時々鬱・時々幸せ・内向型人間ともこがリップレビューや心のつぶやきをお届けするブログです

肌断食の基本的な考え方・化粧水等スキンケア製品をやめて肌バリア機能を回復させる

 

 

こんばんは。

 

ともこです・・・!

 

肌断食は 化粧水などを使用せず 主にワセリンのみでスキンケアする方法なのですが・・・

 

肌断食の 基本的な 考え方等について 下の本を元に まとめました・・・!

 

hadadannjiki

化粧品を使わず美肌になる!(Amazon.co.jpアソシエイト)

スポンサーリンク


 

肌断食(宇津木流スキンケア)の考え方

肌にはもともとバリア機能が備わっていて、自然な天然保湿機能がある
(角質細胞の集まりである角層で覆われ、各層が肌内部の水分を保ち、異物侵入を防ぐなどのバリア機能の役割を果たしている)

・さらに皮膚に住みすいている細菌(常在菌)も肌を病原菌から守るバリアとして機能している

 

しかし、化粧水等スキンケア製品に含まれる 合成界面活性剤や その他の成分等 や 肌をこする刺激 などによって 肌のバリアが壊れ乾燥、肌荒れ、ニキビ、シミ、しわの原因になる

 

健康な肌(キメが整っている、弾力がある)に 化粧水等のスキンケア製品で スキンケアすることにより

化粧水等をつける → 肌バリアが壊れる → 乾燥肌になる(肌の格子状のキメが粗くなり弾力がなくなる)→ 化粧水等をつける(皮膚の赤みやテカリ、乾燥、敏感肌になる等肌の状態が悪化(キメがない、ガサガサやブツブツ) → さらにの化粧品を使って悪化

という 悪循環になっているのだそうです。

※特に 合成界面活性剤は 肌バリアを壊す作用が強力なのだそうです。

 

 

その為(肌断食の目的は)

化粧水等のスキンケアを やめることで 肌のバリア機能を 回復させて 肌トラブルをなくす、肌の天然の保湿機能を取り戻す

具体的には・・・つけない(化粧水等の成分を)、こすらない、洗いすぎない

 

原則は 純石鹸ワセリンのみで スキンケアする、メイクはしない(のが理想ですが 実生活では難しい、メイクをしないのは 味気ないので、メイクする場合は パウダーファンデーション、や こすらないで落とせるもの(クレンジングなしで 石鹸で落とせるものを )使用する。

多少落ちにくいものでも 肌をこするほうが 肌に悪い為、こすらない(2,3日で 自然にはがれ落ちるので心配ないとのこと。)

 

 

というスキンケアを 数か月~数年 続けることで 自然に 肌のキメが整って 肌本来の機能を取り戻すようになるのだそうです。

 

化粧水等をやめるのが 不安な場合は 時間をかけて 肌の負担があるものから 徐々にやめていくとよいそうです。

 

 

肌の負担のかかるものの順に

クレンジング、リキッドファンデーションをやめる → クリーム、乳液をやめる → 日焼け止めをやめる → 化粧水をやめる

 

 

そして キメの状態は マイクロスコープ(このようなものがあります)で 確認するのだそうです。

 

キメが整った状態とは・・・ 参考になるページがありましたのでリンクさせていただきました。 ( こちら )

 

以上 肌断食の 基本的な考え方等について でした。

 

スポンサーリンク













関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

おすすめリンク