時々鬱・時々幸せ・内向型人間ともこがリップレビューや心のつぶやきをお届けするブログです

石鹸素地とは?純石鹸・石鹸・洗顔フォーム(合成洗剤)の違い~

 

こんばんは、ともこです・・・!

 

現在、肌断食 実践中なのですが・・・(※肌断食は 化粧水、乳液、洗顔フォーム等を使わず、原則、純石鹸とワセリンのみで スキンケアする スキンケア方法です)

 

ここで 純石鹸 や その他の石鹸 、洗顔フォーム の違いについて 調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

純石鹸とは?

 

純石鹸とは・・・石鹸素地 が98%以上の石鹸 

 

 

石鹸素地とは?

 

石鹸素地 は・・・①「脂肪酸ナトリウム」 又は ②「脂肪酸カリウム」 のこと で石鹸の元となる成分

※石鹸は全て 弱アルカリ性(弱酸性、中性、と書かれているもの、弱酸性ソープと呼ばれるものは 合成成分を添加した 合成洗剤の一種 なのだそうです。)

 

石鹸素地 元となる成分・・・ 脂肪酸(動物性・植物性油脂の)アルカリ(水酸化ナトリウム、水酸化カリウム)

 脂肪酸(動物性・植物性油脂の)水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が反応してできたもの=①「脂肪酸ナトリウム」(固形・粉石鹸) 又は
 脂肪酸(動物性・植物性油脂の)水酸化カリウム(苛性カリ)が反応してできたもの=②「脂肪酸カリウム」(液体石鹸)

 

原料となる油脂は パーム油、大豆油、こめぬか油、ヤシ油、オリーブ油、椿油、牛脂等 様々で 動物性か 植物性か によって 性質、使用感が変わってくるのだそうです。動物性は 泡立ちが悪いが洗い上がりは潤いやすい、植物性は 泡立ち易いが洗い上がりがさっぱりしている(乾燥しやすくなる)等)

 

※石鹸素地も 界面活性剤の一種(人が作り出したもので 合成の界面活性剤とは 異なる性質のもの)

 

 

純石鹸、石鹸、洗顔フォームの違い

 

純石鹸・・・ 成分が石鹸素地(脂肪酸ナトリウム又は脂肪酸カリウム)98%以上の石鹸、

石鹸素地98%以上の為 保湿成分、その他の成分 がほとんど入っていないもので、

  • 原料となる油脂成分が何なのか や
  • 石鹸を生成する過程で発生する グリセリン(保湿成分)を残しているのかいないのか、
  • その他の保湿成分を添加しているのか、いないのか

によって違い、ものによっては、乾燥しやすい場合もあるようですが 石鹸素地98%以上で 他の成分が ごく少量であることを考えると、優しいものである・・・と言えるのだと思います。

 

その他の石鹸・・・ 石鹸素地 に 美容性分、保湿成分、着色料、香料、防腐剤、等の成分が添加されているもの で 製品によって配合されているものは 様々で 配合される 成分によって 使用感や性質が 違ったものになってくるようです。

 

洗顔フォーム ・・・合成の界面活性剤を主成分とする 合成洗剤の一種

 

※人肌が 弱酸性であることから アルカリ性の石鹸は 場合によっては 刺激が強すぎる場合もある為、弱酸性ソープ(洗顔剤、ボディーソープ等)が 肌に優しい とも言われているようですが 必ずしも良い とも言えないようです。

※アルカリ性の石鹸で洗っても 肌は 弱酸性に戻る性質がある為、敏感肌でなければ 問題ない、弱酸性ソープは合成成分で弱酸性とした洗剤の一種 なので使用しない方がいい という見方もあるのでした・・・

 

石鹸や洗顔フォームの違い、成分、あまり考えたことがなかったのですが、 なかなか 複雑そうです・・・ 😉 

 


 

以上 石鹸素地や 純石鹸、石鹸、洗顔フォーム(合成洗剤)の違い について でした。

 

スポンサーリンク













関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

おすすめリンク