時々鬱・時々幸せ・内向型人間ともこがリップレビューや心のつぶやきをお届けするブログです

リップクリームの種類と使い分け・薬用(医薬部外品)リップ注意点

 

リップクリームの種類や使い分け、薬用リップクリームを使用する際の注意点等を まとめました。

スポンサーリンク

 

リップクリームの種類と使い分け

 

リップクリームには色々種類があり、複雑化しています・・・

 

薬事法上の分類では・・・

医薬品のリップクリーム ・・・治療目的
医薬部外品のリップクリーム(=薬用リップクリーム) ・・・予防目的
化粧品のリップクリーム ・・・清潔に美しく健やかに保つ目的

※ 化粧品のリップクリームは はさらに オーガニックリップ、無添加リップ、自然由来、天然由来リップ ・・・などいろいろな呼び名あります( この分類については  明確な定義はない・・・化粧品の種類の違いについて

※ ”薬用” は 医薬部外品にあたる

 

なので それにのっとって

医薬品リップクリーム は 荒れてしまった時、症状のある時に使用する
医薬部外品(薬用)リップクリーム は 荒れそうな時、調子が悪いとき 予防で使用する
化粧品リップクリーム は 通常の保湿の際に使用する

で 使えばいい・・・ ということになりますが!

 

 

薬用(医薬部外品)リップクリーム使用時の注意点

 

ここで 化粧品と薬用(医薬部外品)の境が なんか 曖昧です。

自分自身も 以前は 薬用リップを 「薬用」って書いてあるから 大丈夫なんだろう、っという感じで、ずっと常用していたのですが・・・!

薬用(医薬部外品)のリップも 毎日使わない方がいいと思いました。
(※医薬品のリップクリームは 治療効果を出すための成分が入っていて 刺激が強すぎる場合があるので 常用しない方がいいそうなのですが・・・)

 

 

薬用リップクリームの場合  同じ薬用(医薬部外品)リップでも 各製品によって 表示され方が違っていて 化粧品のように全成分表示されているもののあれば 違うものもあり、

ん?と思ったのですが・・・

 

薬用(=医薬部外品) は 薬事法上は 全成分表示の義務がないが、業界の自主基準で 全成分表示している という ちょっと複雑な 状態になっているので、全成分表示されてないものも あるようです。なので 全成分表示されているのか されてないのか から始まるので 何だか わかりづらいのです。

 

全成分表示するかは 各企業が決めているようで、各企業が ホームページ等で 成分表示について 説明している場合

A:薬事法上表示義務がなく表示していません

B:自主基準に沿って全成分を表示しています (例・・・P&G のページ )

のとちらかの方針をとっているようです・・・(となると 何となくBの方がいいような気がしますが・・・!)

 

 

そして 全成分が表示されているとしても 製品によっては 強めな成分が入っているかもしれません・・・

 

薬用と書いてあれば 良さそうな気がして 毎日 使ってしまっていましたが、(予防的に 時々使うには 有効なものだと思います、そして 製品にもよりますが ) 薬用のリップクリームを使用する際は 注意が必要なのではないか と思ったのでした。

 

スポンサーリンク

 













関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

おすすめリンク